送って覗く世界の郵便事情

ヨーロッパの郵便局リンク集

  • イ タ リ ア

Poste Italianeのtopページ

https://www.poste.it/cerca/index.html#/

topページ右側「CERCA SPEDIZIONI」とあるのが追跡サービス。英語ページはないっぽい。検索結果は「Presa in carico」だの「In transito」だのざっくりしたものなので、詳しく知りたい場合は、その下の「Continua」ボタンをぽちして、「Dettagli spedizione」をぽちすると、詳しい追跡情報が、なんと日本の分まで表示されますよ。イタリア語ですが。https://www.17track.net でも追跡可。

 

南米の郵便局リンク集

  • チ リ

CORREOSCHILEのtopページ
http://www.correos.cl/SitePages/home.aspx
topページ右側「Seguimiento en línea」とあるのが追跡サービス。「Buscar」が追跡ボタン。スぺイン語。日本からチリへは直行しないので、届くのに日数がかかりやすいらしい。追跡サービスはチリ到着後から。https://www.17track.net でも追跡可。

でも追跡可。

 

 

ドイツへの郵便送付記録

小形包装物航空便

2. 2017年5月28日発送→6月5日到着。約8日。

1. 2016年4月13日発送→4月25日到着。約12日。

スリランカ

 スリランカインド亜大陸の南に突き出た三角形の先端部の東にある島国ですね。

ここに品物を送る際に気を付けなければいけないことは、禁制品がとっても多いということです。

スリランカ--禁制品

一般的な日用品なんかも禁制品のようですね。

 

 スリランカ宛は、小形包装物書留付の航空便もSal便も検索不可となっておりますが、スリランカポストのページの

http://www.slpost.gov.lk/

から万国郵便連合のページに飛び、そこから検索が可能です。

 

し か も !

 

日本郵便のサイトを確認したらば、

f:id:nerinec:20160312035252j:plain

「検索不可国」となっていますね。でも、詳細な追跡情報を見てみると、

 

f:id:nerinec:20160312035554j:plain

追跡、できてますねー。

最後、「到着」までで止まっちゃったのはご愛敬(^^;;

 

国際イーバケットで、到着まで7日ってとこですね。

カナダ~1か月以上たったんだけど、届きませんね

11月14日発送、11月15日に日本を発った書留付Sal便、12月20日現在、カナダポストにトラッキング情報がでてきません。

 

現在、カナダポストでは「処理に遅れが出てます」というアナウンスがあります。

 

お気を付けくださいませ。

イギリスから来たものたち--小形包装物航空便

2014年12月30日差出→2015年2月7日到着

 

約38日!Airmailだったのですが、時間がかかりましたね。

f:id:nerinec:20151111151655j:plain

到着国で「国際交換局に到着」ってどういう状態なのかってことですが、

 日本から送り出された荷物が相手国に到着すると、「国際交換局に到着」となりますね。この「国際交換局に到着」とはどういう状態なのか、常々疑問に思っておりました。

 

 考えられる状態は2つ。

 「空港に到着したよ。郵便事業体の手に渡ったよ。これから通関よ。」なのか、

 「空港に着いてるよ。通関終わったよ。郵便事業体が受け取ったよ。これから国内に向けて発送するよ。」なのか。

 

 例えば、アメリカではUSPSのサイトでは、航空便やSal便の追跡情報に「通関中」の表示がでないようなのですね。少なくとも、見たことはないんです。

 

 ですが、「通関終わったよ。郵便事業体が受け取ったよ。これから国内に向けて発送するよ」という状態なのだと思っておりました。というのも、配達までにとっっっても時間がかかった荷物の追跡情報を見てみると、(これ、2015年はじめに北東部が大雪で遅れが出た時の荷物ですね。Sal便です。)

 

f:id:nerinec:20150929130457j:plain

 

このようになっており、東京を発ってからNYの国際交換局に到着までの期間が約30日ととっても長かったんです。ですから、通関業務が遅れ、国際交換局に到着も遅れたのかなと思っておりました。ところが、別便ですがEMSの追跡情報を見ますと、

 

f:id:nerinec:20151027024713p:plain

 

東京を発った後、シカゴの国際交換局に到着し、その後「Inbound into Customs」ですから、通関していますね。

 

それに、これはアメリカではなくてオーストリアなのですが、それもウィーンの国際交換局に到着した後で、「通関待ち」になったのです。

 

ということは、相手国に到着した荷物は、飛行機から降ろされた後、郵便事業体の国際交換局を通り、その後に通関、その後目的地に向けて出発するということなのでしょうね。

 

では、先にあげたアメリカのSal便ですが、国際交換局に到着するのに時間がかかりすぎてやしませんか?

日本を発つのはそんなに遅くないと思うので、到着国の空港には到着していると考えていいのかなと思います。

 

通関業務が遅れる→国際交換局がつまっちゃう→荷物はその前や空港で待ち続け

悪天候で国際交換局に荷物が運べない→荷物は(・・・以下同文)

 

とか。

 

上のSal便でいうなら、国際交換局への到着後、NJ州の地方局に到着するまでは2日なので、通関自体はスムーズなようですね。

 

いずれにしても、相手国に到着したらば、「国際交換局に到着」の「ピッ」は早くお願いしたいですね。じゃないと、どこか別の国に行っちゃったのかとか、空港で迷子になっちゃったのかとか考えちゃうので。

イギリスに送ったものたち--小形包装物Sal便書留付

3. 2015年10月6日差出、10月30日到着。約24日。

f:id:nerinec:20160312030843j:plain

 

2. 2015年10月6日差出、10月29日到着。約23日。

f:id:nerinec:20160312023826j:plain

1.2015年1月30日差出、2月12日到着。14日。

f:id:nerinec:20151016160740j:plain

 

オーストラリア

 オーストラリアの郵便事業体はAustralia Post。郵便事情はかなりいいらしいですが、それでも、壊れて届いたり、紛失したり、ありますねぇ。

 

 通常郵便物では、Sal便書留付の取扱い無し。航空便書留付(国際イーパケットなども) Webサイトでの追跡は日本発送時まで。オーストラリアポストのサイトでは検索できません。ただし、Web上で追跡できませんが、追跡情報自体は記録されているので、何かあれば国際郵便調査報告書をだすと1週間くらいで結果が返ってくるらしいです。

 EMSは、日本郵便、オーストラリアポストのサイトで追跡できます。追跡はこちらから↓

Track your item - Australia Post

 

1.オーストラリアのメルボルン近郊まで。8月27日差出で8月31日到着。4日。

f:id:nerinec:20151016154915j:plain

f:id:nerinec:20151016154951j:plain

 

アメリカに送ったものたち、その後--EMS

2.ニューヨークのブルックリンまで。9月5日差出、9月8日到着。3日ですね。

 

f:id:nerinec:20151016164644j:plain

 1の荷物は、アメリカの国際交換局到着後に税関検査が入ってますが、こちらにはその情報はありませんね。

 

1.アメリカテキサス州最南部の町まで。足を踏み出せばメキシコ、って感じのところ。

8月24日差出、8月28日到着。4日ですね。

f:id:nerinec:20151016101305j:plain

 さすがEMSというべきか、追跡情報が細かいですねー。

 シカゴに到着して、まずUSPSの国際交換局を通過後に税関検査にまわっているようですね。ただ、午前中で無事通過。通過後、1日かかってテキサス州の中心都市サンアントニオに到着。シカゴーテキサス間が1日ですって!!

 計4日で配達まで。やっぱり早いですね、EMS。

ペルー

ペルーの郵便事業体は「Serpost」というようです。おそらく、英語のページはない模様。ペルー宛の書留付郵便は、日本郵便のサイトで追跡できるのは「国際交換局から発送」までですが、ペルー国内に入ってからはSerpostのページで追跡可能です。

 

Serpostのトップページ↓

f:id:nerinec:20151015095447j:plain

 

ここの左上のTrack & Traceから追跡ページへ

f:id:nerinec:20151015100506j:plain

 

f:id:nerinec:20151015100736j:plain

左上のボックスに追跡番号を入力して、「BUSCAR」をクリックすると、

f:id:nerinec:20151015101012j:plain

結果が表示されます。Google翻訳すると、

f:id:nerinec:20151015101234j:plain

たぶん、7月17日に配達済み、かな。

 7月3日差出で7月17日配達。Salで14日でした。

 

 

メキシコ

 メキシコ宛の郵便の検索は↓

f:id:nerinec:20151014164713j:plain

 

 

直近の年とその前の年の検索が可能のようですね。英語で検索可能かと思いきや、

 

f:id:nerinec:20151014174453j:plain

結果はスペイン語ですね。

 日本郵便のサイトでも結果は表示されます。ただし、更新はかなり遅いというか、メキシコ側が更新されてから数日はかかります。しかも、メキシコ側も何か動きがあってからウェブが更新されるまで数日はかかるようです。

f:id:nerinec:20151014164541j:plain

 おまけに、メキシコポストの追跡ですが、以下のようなページになってしまう日が多々あり、、、

f:id:nerinec:20150903133525j:plain

困ったもんですね。。。

 

3.メキシコシティ宛書留付Sal便。2015年9月12日差出、10月5日到着。約23日。

f:id:nerinec:20151014181349j:plain

f:id:nerinec:20151014181401j:plain

 メキシコシティ宛なのに、空港もメキシコシティにあるのに、メキシコシティに着いてからとっても時間がかかってます。

 

2.メキシコシティから北へ結構行った町まで、国際イーパケット。2015年8月25日差出、9月9日到着。約15日。

f:id:nerinec:20151014180805j:plain

f:id:nerinec:20151014180929j:plain

 追跡情報の反映具合ですが、8月28日メキシコの国際交換局に到着という情報は、日本郵便のサイトでの反映日は9月3日。荷物そのものも、9月2日の時点でメキシコポストのサイトでは、「該当なし」だったのですが、9月3日に検索してみると、「8月28日 国際交換局に到着」の情報がでました。

  日本メキシコともに追跡情報がウェブに反映されるまでに数日はかかるようですね。

 

1.メキシコシティ宛書留付Sal便。2015年4月21日差出、5月7日到着。約16日。

 

アメリカに送ったものたち--小形包装物航空便

6.2016年6月25日→7月2日。約7日。アメリカのカリフォルニアまで。

5.2016年5月17日→5月23日。約6日。アメリカのマサチューセッツまで。

4.2016年5月9日→5月17日。約8日。アメリカのカリフォルニアまで。

3.2015年10月16日→10月27日。約11日。プエルトリコまで。

2.2015年10月13日10月20日。約7日。アメリカのカリフォルニアまで。

1.2015年9月24日→10月1日。約7日!

イスラエルの郵便事情

 

 

 

f:id:nerinec:20151014110257j:plain

 

 

 イスラエル宛の通常郵便物(日本国内なら定形や定形外にあたるもの)の書留付は、日本郵便のウェブサイトでは「国際交換局から発送」までの情報しか表示されません。しかし、イスラエル到着後は、イスラエルポストでの追跡が可能です。

#2016年7月現在、イスラエルポストのページが表示できません。。。

#2016年8月、表示できるようになりました!

 

 一般的に、追跡をかけると履歴で表示されますよね。日本郵便しかり、USPSしかり。しかし、イスラエルポストは最新の状態の表示のみです。例えば、

f:id:nerinec:20160815133959j:plain

のように、「●月○日に2度目の到着通知をしましたよー。」とか、「どこどこ郵便局に到着しましたよー。」とかですね。

 「今の状態」を知りたいだけならいいのですが、「国際交換局通過後何日で配達されたの?」などの疑問を解消するには不便です。

 

2017/6/5追記 

 

 

 

 

 ----------------------------------------------------------------------------------------------

3.小形包装物航空便 2015年11月22日発送 →11月30日到着。約8日。

 

2.2015年9月16日差出のSal便書留付は、

f:id:nerinec:20151014113341j:plain

f:id:nerinec:20151014113355j:plain

10月9日に配達済み。約23日ですね。

 

1.2015年4月14日差出のSal便書留付は、

f:id:nerinec:20151014111415j:plain

4月18日に日本から出たであろうことまではわかりますが、その後はイスラエルポストの追跡サービスより、5月5日に配達済みであることがわかります。

f:id:nerinec:20151014111657j:plain

4月14日差出→5月5日到着。約20日ですね。

 

シンガポール

 シンガポール郵便事業会社はシンガポールポスト。略称は、シングポスト(SingPost)。

f:id:nerinec:20150912035636j:plain

 日本経済新聞よると、シンガポールポストCEOのバイエル氏は、

 

「シングポストの強みは150年以上の郵便事業で培った配達への信頼とブランド力だ」

と述べているそうですね。さらに、

英国統治時代からの歴史があり、遅配や誤配が少ないことで知られる。

とも。

 

 そんなシングポストでのトラッキングを行うためには、トップページの左のトラッキング窓に、追跡番号を入力します。「Track item」を押すと、

f:id:nerinec:20150929121630j:plain

現在の荷物の状況が表示されます。さらに詳しく履歴を知りたいときには、追跡番号をクリックすると、

f:id:nerinec:20150929121847j:plain

別ウィンドウで表示されます。ただし、シンガポールに到着後の記録のみのようですね。

 

日本郵便での検索結果は↓

f:id:nerinec:20150929124020j:plain

4月7日→4月14日。ほぼ1週間ですね。